スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Distance Field Based Text

前回失敗気味だったフォントシェーダー、とりあえず実用レベルかなというとこまで
持っていけました。


今のパラメータだと、ちょっと大きめに描いた時が一番おいしい仕事をしてくれるかも。
全体

実装に際して結構ひっかかったのが、まずパラメータの調整。
テクスチャからはエッジを引き出すのみで、アウトライン、グローをシェーダーで描画しているのですが
いい感じの値に設定してやらないと、字が途切れたり、逆にアウトラインで潰されたりします。
あとはテクスチャがそのままペタンコと貼るわけではなくエッジを取り出すためのものなので、
最初適切な形がわかんなくて困りました。


32*32が元サイズで、約3倍に拡大描画した比較図。
バイリニアの方は見慣れた感じにボケてますね。今回の方はくっきり出てます。
線が太くなって潰れかかってますけど、
この辺はテクスチャとパラメータの調整でなんとかなる。かも。調整が難しいw
現状で倍角程度までならかなりキレイな結果が出せてます。
まぁ3倍とかまで伸ばすことはあまりないと思うので、実用には問題ないかなと。

頂点カラーできれいにグラデかけれますし、アウトライン、グローの色も
リアルタイムに変えれるのがいいところ。使いたくてうずうずする。うずうずする!

今回は元々のフォントテクスチャ基準に作ったので、
フォント本体が32*32ギリギリいっぱいまでいっちゃってるんですけど、
もうちょっと周りに間を空けてスプレッド(ぼかし)を強くしてやれば
グローとかがもっとキレイに描けそうな気がします。
  1. 2012/04/23(月) 12:30:13|
  2. 自作自演|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://raevatain.blog9.fc2.com/tb.php/1168-6cd0c924
Map
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。