スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

BitSummit

BitSummitというイベントで京都へ行ってきました!

簡単に言って、日本にもインディーズゲームはあるよって海外メディアに認知してもらうのと
開発者を集めて横の繋がりを作ってもらうのが主旨。だと思う。
既にメディアさんのイベントレポートがあるので雰囲気などはそちらをご覧になると良いです。

Game Spark
 ・【BitSummit】インディー系開発者向けイベント『ビット・サミット』開催。日本のインディーズシーンを後押し
 ・【BitSummit】ビット・サミット初開催を振り返って-ひたむきさと積極性、そして課題と将来

ファミ通
 ・とてつもない熱気! 日本のインディーゲームを海外に紹介する“ビット・サミット”をリポート

はじめにお誘いを受けた時はぶっちゃけ相当胡散臭かったのです。
海外インディーズの盛り上がりというのはもう言うまでもないですが、
それと日本の同人などを混同して、「乗っかろう(軽いノリで)」という動きが
少なからずあったりしまして。

終わってみれば、今回の主催者は少なくとも同人ゲームを実際に遊んでいる人でしたし、
同人に限らず、XBLA、PSN、WiiWare、スマホなどの小規模開発者に加えメディアなど
幅広く集まった場には前例が無く新鮮で面白かったです。

また講演は、「メーカー出身の開発者」「インディー純粋培養の開発者」
「プロデュースする人」などなど三者三様といった感じでこれまた面白かった。
まぁこの辺が、半端にスポットライトを当てるとどこかしらから反感買って
日本に中々一本のインディーっていうのが根付かない一端を表してる気もしますが。
(各講演のレポートはGameSparkさんに結構詳細に載ってます)

同人にせよインディーにせよ盛り上がってきてるのかどうかは分からんっていうか
ハッキリ言って現状実感は無いんですが、こういった「動き」の積み重ねが
次の何かへと繋がっていくのは良いことだと思うのです。その動き単体が失敗したとしても。
だから何でもいいから動きましょう! と思いながら特に何もしないのであった。
いや、まずはとにかくアスタ完成させろ。


忘れないうちに反省会。
・立食パーティの様なものを想定していたため、
 各人へきちんと机があてがわれるとは思ってなかった。
 のでパッドやディスプレイ用のスタンドなどを持って行ってなかった。

・初見の人が多いため、ゲームやサークルを説明できる一枚の紙資料があった方が良いかも。
 開発優先してたので、準備の手間を惜しんだ。

・寝坊して新幹線乗り遅れるとかないわー

・京都はとても寒い

・梅
北野天満宮。7部咲き
  1. 2013/03/11(月) 21:18:52|
  2. 近況や出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://raevatain.blog9.fc2.com/tb.php/1225-cfd44f5d
Map
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。