スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PAX East 2014へ 本番 その3 (最後)

PAXレポも最後ということで、他のブースの写真など貼っていってみます。

向かいだったdrinkbox studiosさん。




机は無く、椅子から何から用意されてて雰囲気作りがすごく良い!
ゲームはサイドビューアクションでグラフィックすごいきれいでした。
PS4からWiiUまで、主だったハードでは全部出るっぽい。

裏側のBrace Youeself Gamesさん。



二人協力プレイのローグライク(不思議のダンジョンみたいなの) + 音ゲーで、
リズムに合わせて行動することで攻撃などが強力になったりする。
DDRコントローラ用意してきてたのでもうイベントウケは最高に良くて、
インディーブースでは一番盛り上がってたかもしれない。

The Men Who Wear Many Hatsさん。



アーケード筐体持ってきてた。
ていうかMAX GENTLEMENですよ!もうタイトルからして気にならないわけがない!
ゲーム内容はシンプルなミニゲームなんですが、とりあえず紳士が脱ぎます。
ムキムキの小動物とかも出てくる。マストバイ。





INDIE MINI BOOTH。


柱4面にそれぞれ別のゲームが展示してある最高密度の地帯。
ゲーム内容は特にミニなわけでもなくて、面白そうなゲームいっぱい。

特に手前の「彩度戦隊クロマスクァード」は大分イカれてる。なぜか日本語のPV。


他に気になったのは去年のTGSのイベントにも呼ばれてた「FRAMED」。


犬好き的に気になる「Dog Sled Saga」。ルーシーは力持ち。


BGMが素敵なロックマン風ACT「Rex Rocket」。
作曲のSaskrotchさんてかなり昔からチップチューンやられてますね。聞いたことある。


パッと見ていっただけでも日本のレトロゲーに強い影響を受けてるであろうゲームが
インディーブースには特に沢山あります。
フイにカタカナとか出てきたりしますからね。何人か日本語話せる開発者もいました。
海外に来たのに、なんだろう、この感覚は。不思議な感じでした。

日本人としてもちろん嬉しいんですが、
この状況を作り上げたのは先人達であって僕らではないので、
良いゲーム作らなあかんよね…と思わされたりもしたのでした。



イベント終了後に撮った、インディーブースの集合写真。皆インディーゲーム開発者。
日本勢ど真ん中w

日本人て海外に対して身構えるというか一線引くみたいなとこある気がするんですけど、
PAXに実際に行って感じたのは、「こいつら俺達だ! このクソオタク共が!!」
だったので、なんていうかコミケで頒布してるのと同じ様に、
同じクソオタク共に向けて自然に作ったものを出していけばいいのかなと思わされました。

あまりにも当たり前なんですけど、海外ユーザーも同じ人間だった。
  1. 2014/04/28(月) 14:07:32|
  2. 近況や出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://raevatain.blog9.fc2.com/tb.php/1276-cc0deb4d
Map
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。