スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夏コミお疲れ様でした! / DLカードまとめ

夏コミお疲れ様でした!

西3,4ホールに配置されてお通夜ムードだった同人ソフト勢でしたが、
フタを開けてみればちゃんと人は来てるし、
広めのスペースも快適、風通しも良い、というかそもそも夏コミと思えないくらい涼しくって
過去経験した中では最高にイージーモードな夏コミでした。

次回冬は数年ぶりに東方系との同日開催で同人ソフト勢的には大変ありがたいのですが、
なんとなく新設された東78に飛ばされそうな気がしてる。 同ソはそういう役回り。



今回も冬に引き続いてDLカードでの頒布を行ったのですが、
冬はDropboxにアップしてURLを載せるという簡単な方法だったのに対して
今回はシリアルNo付きカードを発行するという割とちゃんとした方法を取りました。

160816_00.jpg
(見本用なので全部0で埋まってますが、そこが本来シリアルNo)

カードの出来が予想外に反響があったこともあり、
シリアル発行からカードの制作までまとめておきたいと思います。


■ シリアル発行

concaさんのサービスを利用しました。
今回の同ソでは既に利用しているサークルが結構いっぱいあり、標準化しつつあります。

下記2つのプランがありますが、
 ・シリアルコードの発行とデータのアップロード
 ・上記に加えてカードまで制作
カードプランにすると料金が跳ね上がるので、
コードオンリープラン + カードは別で制作という形が大半かと思います。

工程としては、注文するのページで各欄を埋めて送信すると、
 ・データアップロード用のサイトURL
 ・シリアルコードが羅列されたテキストファイル
がメールで届いて使用できる状態になります。
ここまで10分もあれば可能です。

コードプランは基本的に無料なんですが、データ配信量に応じた料金だけかかります。
うちは今回 「1ファイル1GBまで」 で、500円ポッキリでした。
別件で同じ様なDL配信の相談をした時は、データ転送量が一番金かかると聞いていたので、
正直拍子抜けです。 これでやっていけるのかな…?

------------------
※16/9/15追記
アップデートでコードプランも有料になりました。
まぁ元々が安すぎたので、サービス継続できる範囲で改定していってもらえればいいですよね。
------------------

ここからが重要なところですが、
データは後からアップロードすることができます。 また差し替えは何度でも効きます。
つまり、配布するデータ本体ができていなくても、
シリアルコードだけ先に発行して、カードを作ることができます。


1.事前にシリアルコードを発行して、カードを制作する
2.ゲームをせっせと作って、コミケ当日にアップロードする

というスケジューリングが可能。 ネットが繋がっている限りチキンレースの限界は上がっていく!


■ カード制作

今回はスーベニアさんから紹介してもらったバズプランニングさんという印刷屋さんを使いました。

仕様は 「プラスチックカード + 可変エンボス」 です。
160816_01.jpg
このエンボス加工がリッチに映ったらしくて反響が大きかったのですが、
実は通常印刷よりも安いのです。
コストの大半は加工部分じゃなくて、プラスチックカードであること自体ですね。

お値段は300枚作って¥62000(+クレカ決済料¥3100)、単価¥217でした。
枚数がもっと行けば単価は下がってきますが、
少なくとも体験版でここまでやるかどうかは微妙なところでしょうか。

納品期間については、7/29に発注して8/10に納品されました。
サイトには1~2週間とあるのですが、連休前は要確認とのこと。
対応はとても丁寧だったと聞いております。(こいちさん任せ)


■ 夏コミで見かけたDLカード

去年の夏辺りからちらほら見かけだしたDLカードですが、
去年冬、今年夏と一気に増えてきてます。

【CavyHouse】  【LION HEART】  【Y-Cubed】
【NEXT-SOFT+】  【PlatineDispositif】  【円環再起動計画】

一番多いカードタイプ。

【電猫遊戯】  【OBLIQUEGLASS】

ペーパータイプ

【ですのや☆】

ポストカードタイプ

【RebRank】

角度によって見た目が変わる不思議な質感

【OHBA堂】

カードを台紙に貼り付けて、低コストとリッチさを両立

【illuCalab.】

ラブレターって言い張ってた。 ゲームの世界観に合わせた演出

【Cross Eaglet】

漫画小冊子

【エンドレスシラフ】

かばん(!) 結構買ったものをこれに入れて歩いてる人多かった。
これを200円で配布してるのは狂気だけど。


とまぁ多彩な配布形態が見られました。
DLは要はダウンロードURLさえ伝われば良いわけで、工夫の余地があるのも良い所ですね。
物理媒体でなくなったのに、物理的な幅が広がったというのは面白いところです。

ディスクとDLカード両方置いて選択式にしたサークルさんでは
ディスクの方が人気があったとどこも言っていたので、
ユーザー的にはディスクの人気はまだまだ根強いという感じですが、
一方で、体験版はカードで良いという声もよく聞きます。

体験版ならシリアル無しでも結構問題なかったりするので、
サークルのHPサーバーにアップしているところや、
Dropbox、OneDriveなどでの共有なんかも見られます。
今回紹介した様なシリアル発行とか挟まず、DLカードだけ作るのも手ですね。
  1. 2016/08/16(火) 23:30:48|
  2. 近況や出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://raevatain.blog9.fc2.com/tb.php/1313-b714e309
Map
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。